群馬・栃木での任意売却の無料相談・住宅ローンの滞納・競売・差押でお困りの方へ

   


 住宅ローンや不動産を担保にした借入金の辺滞納してしまった場合、そのまま何もしないでいると、通常、やがて債権者(借り入れ先)
 が担保不動産の競売を申し立てを行う
ことになります。
 競売になったら、あなたの自宅は、あなたの意思と関係なく売りに出されてしまいます。一番高い値段を付けた人が
 購入の権利を得ますが(これを「落札」と言います。)、
いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられるため、あなたの手元
 には一円もお金が入りません。

 しかも、競売では、ほとんどの場合市場より非常に安い価格でしか売れないため、家を失った後もなお、たくさんの借金が残ります。
 また、引き渡しの時期は落札者の都合で決まるため、お子さんの学校の都合などがある方でも、否応なく退去させられてしまいます。
 このように、経済面だけでなく、精神面でも非常に負担が重いのが「競売」です。

 
 



 裁判所からは通常、3通の郵便物が来ます。
 競売開始決定通知が来ますと、間もなく調査官が訪れ住宅の調査を行い、裁判所で情報公開が行われ、競売入札が行われます。
 競売開始決定通知が届いてから家を明け渡すまで、6ヶ月程度しか猶予はありません。

 



 まだ間に合います。
 裁判所で情報が告示され競売が始まるまでは、原則的に話し合いは可能ですが、早ければ早いほど、債権者との調整もスムーズに行えます。

 



 所有者からの原則持ち出しはありません。※必要書類(印鑑証明等、数千円は必要)
 滞納になっている税金、マンション管理費や、仲介手数料などは、任意売却により売買代金から精算されるように債権者と交渉します。